英語奮闘記

重度の英語アレルギーがTOEIC600点を目指します。

一日できなかった時の対処法

1日どうしてもサボってしまって

継続していた勉強が続かない時って

忙しい人ならだれでもあると思います。

 

そんな時こそ「素直に現実をうけとめる

ということが大事だとおもいます。

 

 

人間は「どうでもいい効果」というものが

あるらしく、ダメになってしまうと

せっかく積み上げてきていても

全てを投げ出してしまう性質があるそうです。

開き直りというやつでしょう。

 

しかしこんな時こそ普段どおりに

日々の勉強に取り掛かるべきです。

 

1日やらなかったからと言って

投げ出すのでもなく

また、無理にさぼった分を取り返そうと

無理もせず、「素直に現実を受け止める」

と同時にいつもどうりの課題に取り組みましょう。

 

無理にやらなかった分を取り戻すことは

一見大事そうかもしれませんが

結構負担が大きいです。

 

そもそも負担が大きいからこそ

1日サボってしまったのに

次の日に2日分やるとなると

相当な時間と労力、そして何より

精神的に疲弊します。

 

例え時間的にサボった分を取り返す時間が

あったとしても、その時間をなぜできなかったか

考える時間に当てるのはどうでしょうか。

 

最も大事なことは、

目標を達成すること、であり

そのために最も強力な人間の武器は

習慣だからです。

 

小さな石ころにつまずいた時、

つまずいた時間を取り戻すために

つまずいて傷ついた体でダッシュをすることよりも

まずはしっかりと起き上がって

いつもと同じペースで走り始める方が

長い目で見ると確実ではないでしょうか。