英語奮闘記

重度の英語アレルギーがTOEIC600点を目指します。

勉強の勉強

 

 

 

どこから手を付けたらいいのだろう」

 

 

 

久しく英語をやっていなかったので

真っ先に浮かび上がってきた疑問です

 

 

どんな教科書をつかって

どんな風な勉強方法をすれば

最も効率がいいのかがわかりません

 

 

英語の勉強の前に

「英語の勉強」の勉強が必要だと気づきました(--;)

 

 

そこで再び本を2冊購入

 

ネットにも有効な情報はたくさん載っています

 

でもやっぱり、お金を出して買った情報の方が

身につきそうでいいかなと

思ったのでamazonでポチっと…

 

 

とりあえず

この3冊を読んで参考にすることにしました。

 

日本人として英語を学び・英語を使う: グローバル時代を生きる若者たちへ

日本人として英語を学び・英語を使う: グローバル時代を生きる若者たちへ

 

 〔感想〕

表紙だけ見て買ったので

開けてみて初めて分かっのですが

この本は通訳を目指す人向けに

書かれている感じですね。

 

プロローグに

「この本を手に取ったあなたは

 きっと英語が大好きで一生懸命

 勉強している人だと思います」

と書かれていました。

 

正直、選ぶ本ミスりましたorz

でも単語の必要な量や

勉強時間などは書いてあったので

そこら辺は参考にできると思いました

 

 〔感想〕

帯にあるように

単語だろうがリスニングだろうが

全部体で覚えるべきだ‼

 

といった内容の本でした。

習うより慣れろ感はありますね

海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマスターできる

海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマスターできる

 

 〔感想〕

この本は

ビジネスマンがビジネス万向けに

書いた本でした。

個人的に一番読みやすかったです。

 

自分の必要な英語を集中的に

勉強する、最も無駄のないように

勉強する方法ですね 

 

 

 

 

3冊を読んで…

 

 

 

正直いいます

どの本も結構違うこと言ってます

単語でも

とにかく覚えろと言っている本もあれば

単語なんて時間の無駄だ

と言っている本もあります。

 

ん~(‐‐;)

どれ信じたらええんや!!

 

 

しかし共通しているところもありました

それは量です

英語には絶対的なが必要だということは

どの本にも書かれていました

 

 

やっぱやるしかないようですね、量

 

しかし

ここで疑問が

 

昨日、勉強を継続させるために

この本を読んだのですが

30日で人生を変える 「続ける」習慣

30日で人生を変える 「続ける」習慣

 

 この本には

習慣化させるためには

量にはこだわるな

 

 

もう訳が分からん_(」「ε:)_

 

で、

 

自分なりに作戦というか

頭の整理をしてみました。

 

・英語には量が必要

・続けるには量を減らす

 

ですが

 

まずは、

英語の勉強を続ける習慣を身に付ける。

 

次に習慣が身に着いたら

量を少しづつ増やしていこうか

と言う作戦にしました!

 

よし、次はテキスト選びです(^^)/