英語奮闘記

重度の英語アレルギーがTOEIC600点を目指します。

続けるための工夫

 

 

英語がんばろー

って言って始めましたが

今までの人生の経験上

なんで英語の勉強が

身に付かなかったかを考えますと

 

やっぱり勉強が続かなかったからだと思います。

これは英語だけの問題じゃないんですけど

ぼくは続けることが 

とても苦手な人間で

 

 

「よっしゃ!!やってみよ!」って

朝のジョギングだったり

筋トレだったり

リスニングだったり

いろんなことに挑戦してみるのはいいものの

 

結局どこかで

「あ~……めんどっ」

ってやめるくせがある人間なんです

 

もうこれは20余年しか生きてませんけど

経験上分かってます

 

 

もしかしたら

皆さんも経験があるのではないでしょうか

人間って常におんなじ感情や気分で

いることはあり得ませんからね

続けるのってほんとに難しいんです。

 

でも逆に

続けることができたなら

それは大きな力になると思うんです

継続は力なりというやつです。

 

人間の最大の武器は、習慣と信頼だ

      by伊坂幸太郎(作家)

 

 

そこでまず

つづけるための工夫を

この本で勉強してみました。

「続ける」習慣

「続ける」習慣

 

 

この本によると

 

続けるためには

習慣にしてしまうことが必要。

(人間の少なくとも95%は

 習慣による行動であるから だそう)

 

本に書いてあった

習慣についてのまとめると…

 

 

・ものによって習慣化できる日数が違う

・勉強を習慣にするには約1か月必要

 

・習慣化するまでには、3つの難関の時期がある

 1反抗期、(1 ~  7 日)すぐに辞めたくなる   (挫折率42%)

 2不安定期(8  ~21日)予定や人に振り回される    (挫折率40%)

 3倦怠期、(22~30日)徐々に飽きてくる    (挫折率18%)

・最初の7日が最大の難関

・逆に1~21日を乗り越えると8割は習慣化成功

 

・1反抗期と2不安定期を乗り越える対策

  - 時間、行動を無視し習慣のリズムを崩さない

        -行動のみを重視する、行動量や結果はムシ

  -小さく始める

        -シンプルに記録する

  -時間をパターン化

        -例外ルールを設ける

 

(これは自分用にまとめてるので

 分かりにくいかと思います、すみません。)

 

(詳しくは本を購入して読んでみてください。

 累計30万部のベストセラー作家さんの本で 

 とても読みやすくてお勧めです\(^^)/ )

 

 

さてこの本で

3日坊主の日本代表のような僕でも

続けられるような

習慣にするのための

勉強ができました。

 

 

やっぱりとにかく続けることが大切なんですね

本当に小さなことでも

それを習慣にすることで成果が

指数関数的に複利的に膨らんでくるんですね

 

もしめんどくさいって思ったら

やることは簡単で、時間も

ほんのちょっとで良いから続ける

ってことを意識して

頑張っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする