英語奮闘記

重度の英語アレルギーがTOEIC600点を目指します。

一日できなかった時の対処法

1日どうしてもサボってしまって

継続していた勉強が続かない時って

忙しい人ならだれでもあると思います。

 

そんな時こそ「素直に現実をうけとめる

ということが大事だとおもいます。

 

 

人間は「どうでもいい効果」というものが

あるらしく、ダメになってしまうと

せっかく積み上げてきていても

全てを投げ出してしまう性質があるそうです。

開き直りというやつでしょう。

 

しかしこんな時こそ普段どおりに

日々の勉強に取り掛かるべきです。

 

1日やらなかったからと言って

投げ出すのでもなく

また、無理にさぼった分を取り返そうと

無理もせず、「素直に現実を受け止める」

と同時にいつもどうりの課題に取り組みましょう。

 

無理にやらなかった分を取り戻すことは

一見大事そうかもしれませんが

結構負担が大きいです。

 

そもそも負担が大きいからこそ

1日サボってしまったのに

次の日に2日分やるとなると

相当な時間と労力、そして何より

精神的に疲弊します。

 

例え時間的にサボった分を取り返す時間が

あったとしても、その時間をなぜできなかったか

考える時間に当てるのはどうでしょうか。

 

最も大事なことは、

目標を達成すること、であり

そのために最も強力な人間の武器は

習慣だからです。

 

小さな石ころにつまずいた時、

つまずいた時間を取り戻すために

つまずいて傷ついた体でダッシュをすることよりも

まずはしっかりと起き上がって

いつもと同じペースで走り始める方が

長い目で見ると確実ではないでしょうか。

 

 

英語、本格的に開始

さて、

 

最近は結構英語の勉強は続いています。

 

やっている参考書は3つ

 

 

安河内の新英語をはじめからていねいに 1入門編 (東進ブックス 名人の授業)

安河内の新英語をはじめからていねいに 1入門編 (東進ブックス 名人の授業)

 

 

DUOセレクト―厳選英単語・熟語1600

DUOセレクト―厳選英単語・熟語1600

 

 

 

 

TOEIC目指してるくせに

全然TOEICの本読んでません。

 

ん~でもやっぱり英語に限りませんけど

基礎が大事だと思ったので基礎からやり直そう。

 

ということで「英語をはじめから丁寧に」

をやりはじめました。

 

めちゃカンタンなので

1日1章ずつやってます。

 

この本は本当に中学1年生の英語から

始めてくれていて、be動詞の問題とかから

はじめられていて「簡単過ぎじゃね?」と

思ったんですが、やっぱりこのくらいから

自分のできないところを徹底的に見つけ出して

基礎から叩き込むことにしました。

 

 

 

DUOは3.0にしようかと思ったんですが

もーいっこ簡単なDUO selectにしました。

DUOは有名なので皆さんも知っているかもしれませんが

重要単語や熟語を4つくらいを、1つの文章に

してくれているので、丸暗記の苦手な僕は

とても気に入っています。

 

 

 

「英会話1日1パターン」は

最近留学も考えてきているので、

TOEICだけでなく実際にとっさに言える英語も

身に着けたいなあと思って始めました。

 

 

 

良い本の選び方は知っているものと知らないものが

50%、50%の物が良いそうです。

 

それを考えるとまあまあ英語弱者の僕には

良い本の選び方かなあと思います。

 

特に「はじめから丁寧に」は

本当に基本の本で、品詞や時制、文型を

詳しく書いてくれているので

この本を読みながらDUOをすることで、

「あ、この文は過去分詞」とか

「これは時制の一致だとか」

自分で発見しながら勉強できるので

最近は少しづつですが英語の勉強が楽しくなってきました。

 

大学の勉強や、どう考えても悪意のある量のレポートは

昼間にやって、夜に英語の勉強をやっています。

 

さて、これがいつまで続くか…

予想どおりなんもやってないです

 

あーーーーーーーー

結局どの本で勉強するかも

決まらんまま時がたっています。

 

大学忙しんもありますけど

やっぱyoutube見てしまうんですよね。

ほんまに僕の続ける力はLv1以下ですねorz

スライムにも一撃でやられますねw

 

というか大学の勉強が3年になってから

クソめんどくさいんですよ。だから

とりあえずカスみたいに簡単な目標を設定します。

 

「とりあえず一日一回は英語の本開く」

 

いやほんまに紺ぐらい簡単なんにせな

Lv1の俺にはできんと思うんですよ。

だからまず習慣を作ります。

 

P.S

もはや英語奮闘記でも何でもねーわw

奮闘の面影もない…

いや、今から!

 

 

勉強の勉強

 

 

 

どこから手を付けたらいいのだろう」

 

 

 

久しく英語をやっていなかったので

真っ先に浮かび上がってきた疑問です

 

 

どんな教科書をつかって

どんな風な勉強方法をすれば

最も効率がいいのかがわかりません

 

 

英語の勉強の前に

「英語の勉強」の勉強が必要だと気づきました(--;)

 

 

そこで再び本を2冊購入

 

ネットにも有効な情報はたくさん載っています

 

でもやっぱり、お金を出して買った情報の方が

身につきそうでいいかなと

思ったのでamazonでポチっと…

 

 

とりあえず

この3冊を読んで参考にすることにしました。

 

日本人として英語を学び・英語を使う: グローバル時代を生きる若者たちへ

日本人として英語を学び・英語を使う: グローバル時代を生きる若者たちへ

 

 〔感想〕

表紙だけ見て買ったので

開けてみて初めて分かっのですが

この本は通訳を目指す人向けに

書かれている感じですね。

 

プロローグに

「この本を手に取ったあなたは

 きっと英語が大好きで一生懸命

 勉強している人だと思います」

と書かれていました。

 

正直、選ぶ本ミスりましたorz

でも単語の必要な量や

勉強時間などは書いてあったので

そこら辺は参考にできると思いました

 

 〔感想〕

帯にあるように

単語だろうがリスニングだろうが

全部体で覚えるべきだ‼

 

といった内容の本でした。

習うより慣れろ感はありますね

海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマスターできる

海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマスターできる

 

 〔感想〕

この本は

ビジネスマンがビジネス万向けに

書いた本でした。

個人的に一番読みやすかったです。

 

自分の必要な英語を集中的に

勉強する、最も無駄のないように

勉強する方法ですね 

 

 

 

 

3冊を読んで…

 

 

 

正直いいます

どの本も結構違うこと言ってます

単語でも

とにかく覚えろと言っている本もあれば

単語なんて時間の無駄だ

と言っている本もあります。

 

ん~(‐‐;)

どれ信じたらええんや!!

 

 

しかし共通しているところもありました

それは量です

英語には絶対的なが必要だということは

どの本にも書かれていました

 

 

やっぱやるしかないようですね、量

 

しかし

ここで疑問が

 

昨日、勉強を継続させるために

この本を読んだのですが

30日で人生を変える 「続ける」習慣

30日で人生を変える 「続ける」習慣

 

 この本には

習慣化させるためには

量にはこだわるな

 

 

もう訳が分からん_(」「ε:)_

 

で、

 

自分なりに作戦というか

頭の整理をしてみました。

 

・英語には量が必要

・続けるには量を減らす

 

ですが

 

まずは、

英語の勉強を続ける習慣を身に付ける。

 

次に習慣が身に着いたら

量を少しづつ増やしていこうか

と言う作戦にしました!

 

よし、次はテキスト選びです(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

続けるための工夫

 

 

英語がんばろー

って言って始めましたが

今までの人生の経験上

なんで英語の勉強が

身に付かなかったかを考えますと

 

やっぱり勉強が続かなかったからだと思います。

これは英語だけの問題じゃないんですけど

ぼくは続けることが 

とても苦手な人間で

 

 

「よっしゃ!!やってみよ!」って

朝のジョギングだったり

筋トレだったり

リスニングだったり

いろんなことに挑戦してみるのはいいものの

 

結局どこかで

「あ~……めんどっ」

ってやめるくせがある人間なんです

 

もうこれは20余年しか生きてませんけど

経験上分かってます

 

 

もしかしたら

皆さんも経験があるのではないでしょうか

人間って常におんなじ感情や気分で

いることはあり得ませんからね

続けるのってほんとに難しいんです。

 

でも逆に

続けることができたなら

それは大きな力になると思うんです

継続は力なりというやつです。

 

人間の最大の武器は、習慣と信頼だ

      by伊坂幸太郎(作家)

 

 

そこでまず

つづけるための工夫を

この本で勉強してみました。

「続ける」習慣

「続ける」習慣

 

 

この本によると

 

続けるためには

習慣にしてしまうことが必要。

(人間の少なくとも95%は

 習慣による行動であるから だそう)

 

本に書いてあった

習慣についてのまとめると…

 

 

・ものによって習慣化できる日数が違う

・勉強を習慣にするには約1か月必要

 

・習慣化するまでには、3つの難関の時期がある

 1反抗期、(1 ~  7 日)すぐに辞めたくなる   (挫折率42%)

 2不安定期(8  ~21日)予定や人に振り回される    (挫折率40%)

 3倦怠期、(22~30日)徐々に飽きてくる    (挫折率18%)

・最初の7日が最大の難関

・逆に1~21日を乗り越えると8割は習慣化成功

 

・1反抗期と2不安定期を乗り越える対策

  - 時間、行動を無視し習慣のリズムを崩さない

        -行動のみを重視する、行動量や結果はムシ

  -小さく始める

        -シンプルに記録する

  -時間をパターン化

        -例外ルールを設ける

 

(これは自分用にまとめてるので

 分かりにくいかと思います、すみません。)

 

(詳しくは本を購入して読んでみてください。

 累計30万部のベストセラー作家さんの本で 

 とても読みやすくてお勧めです\(^^)/ )

 

 

さてこの本で

3日坊主の日本代表のような僕でも

続けられるような

習慣にするのための

勉強ができました。

 

 

やっぱりとにかく続けることが大切なんですね

本当に小さなことでも

それを習慣にすることで成果が

指数関数的に複利的に膨らんでくるんですね

 

もしめんどくさいって思ったら

やることは簡単で、時間も

ほんのちょっとで良いから続ける

ってことを意識して

頑張っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

純粋に英語ができるようになりたい

 

はい!

 

みなさんはじめまして

ひろ太郎と申します

 

僕は中学の頃から

英語が大嫌いで、

中学高校と6年間

英語を克服しようと奮闘したものの

全くできずに高校生活を終え、

 

結局センター試験英語も

200点中100点くらいしか取れなかった

重度の英語アレルギーの大学生です。

 

 

大学は2次試験で英語の無いところを選び、

無事に大学生になって、はや2年。

 

理系大学

そして機械工学科に入ったがために

数学や物理系の講義は毎日浴びるほど

受けていますが、

英語は多い期間で週2しかありません。

 

 

高校時代

英語の授業のたびに

お腹が痛くなっていた僕は、

大学に入ってから

英語の講義の少なさに感動したものです。

 

しかしそこにはもう一つの

現実が待っていました。

 

機械工学科は英語の講義数に比例して

女子の人数が劇的に少ないんです(T T) 

(110人中、女子3人)

 

この事実を知った時は

心底英語を苦手にしていた自分を恨みました。

(まあ出来ないのは英語だけじゃないけどね)

 

 

…いや違います

そういう理由じゃないです

純粋に英語ができるようになりたいんです

僕は。うん

 

 

一時は英語ができないことに対して

なんでも言い訳の出来るように

頑張った時期もあります。

 

本屋さんでこんな本を発見してしまったんで

大学に入ってからますます

英語から遠ざかってしまいました

日本人の9割に英語はいらない

日本人の9割に英語はいらない

 

 

でも本来僕が

英語ができないのは

英語が嫌いだから、ではないと思います。

 

それはむしろ逆で

英語ができないから

英語が嫌いになったのだと思います

 

実際英語で話せたらうれしいんです。

 

大学の英語の講義では

ほとんど外国人の先生で

なんで日本きたんやろ?

というくらい日本語がしゃべれない

外国人の先生ですが、

 

そんな外国人の先生に

めっちゃ適当の片言ですけど

自分の英語が通じたら

めっちゃうれしいんですよね

 

 

だから

ぼくが英語を今から頑張る一番の理由は

女子の多い学科に編入したいからでも

就職の時に有利だからでもなく

…いや、本音言うとちょっと

それもありますけど…

 

 

 

純粋に英語ができる人になりたい

 

 

 

というのが大きな動機です

 

どうせやるなら

就職でもアピールできる

TOEIC

 

そして

履歴書でアピールできるTOEICの点数は

600点と言われています。

(英語を必要としない職業の場合)

 

そこでこの1年で

600点目指して頑張ります!

 

 

今日から勉強方法などを

日々書いていきたいと思うので

 

 

 

もし僕が見事TOEIC600をとれたら

ぜひ参考に、

もしカスみたいな点数を取ったら

ぜひ反面教師に

してみてください(笑

 

 では(^^)/